2019年2月10日 (日)

4重苦

現在の私の悩み事を大きい順に挙げてみる。
1.尿漏れ
2.頻尿
3.不眠
4.右肩の痛み
尿漏れを出来るだけ避けようとすれば、どうしても頻尿になるし、頻尿があると夜間に頻繁に起きるのでどうしても不眠になるという関係性がある。だから尿漏れを早く解消する必要がある。薬を飲むほかに骨盤底筋運動を毎日やっているのだが、日によっては今日は調子いいという時もあるが、目に見えて改善ということはあまり感じられない。1日の中でみると午前中は割と調子いいのだが、夕方に近づくにつれて辛くなる。まぁ、1週間前と比べれば若干改善されているので仕方ないかな。
右肩の痛みはYouTubeに載ってる改善ストレッチをすると完全ではないがだいぶ和らぐのでしばらくはこれを続けてみることにする。

お願い、ポチッとして頂けると嬉しいです
Banner_04_6人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月26日 (土)

退院後1週間

退院した日に尿漏れ対策として尿漏れパットを用意しなければとネットで頼むことにした。いろいろあったが入院時に使っていたのとほぼ同じようなのがあったのでそれにすることにした。取り敢えず1週間分もあればいいだろうと30枚と12袋とあったのを袋は携帯用なのかなと勝手に解釈し合計42枚あればと注文した。ところが翌日届いたのはかなり大きな段ボールだ。開けてみたら30枚入りが12袋入っていた。要するに360枚も届いたのだ。
いくら何でもこんなには使わないだろうと思ったが、1週間経って見ると既に2袋目の半分くらい使用済みだ。尿漏れ自体はかなり改善の兆しはあるのだが、立ち上がった時とか逆に座った時とかにチョロッとある。こんな状態が1ヶ月から長ければ3ヶ月続くのかもしれない。ということは全部使いきるかもしれないなぁ・・・。

お願い、ポチッとして頂けると嬉しいです
Banner_04_6人気blogランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月19日 (土)

入院~手術~退院

入院 (1/5~6)
1/5 着替え等の荷物があったのでタクシーを呼び病院へ。10時過ぎに病棟3階7人部屋病室の左奥に案内される。東側窓際なので眺めはいいし、朝日の昇るのがきれいに見えそう。カーテンで仕切られたベッドスペースは狭いが片側が窓なので圧迫感はない。看護師にひと通り決まりやこれからの予定等の説明を受ける。
219010701

昼前に歯科・口腔外科から呼び出され、12/18と同じ女性歯科衛生士に口内の状況や歯茎の清掃等をしてもらう。
夕方回診後、担当医師に別途呼び出され、『明日の手術ですが、手間はかかりますが、○ッキする神経を残すことも可能ですがどうしますか?』。う~ん・・・・今更使う機会もないしなぁ・・・、先生のやりやすい方でと返答してしまったが、手術後にやっぱり残しておけば良かったなぁとちょっと後悔した。

あとは6日の夜まで検温・血圧測定が朝・昼・夜と3回ある。昼勤・夜勤、また日にちごとに担当看護師が変わり、その都度自己紹介されるが名前までは憶えきれない。
夜になって緩めの下剤のようなものを飲まされ、点滴も開始された。なお、7日の手術に備えて6日夜から御飯抜きで、水・お茶は手術当日の朝まで良いとのこと。

腹腔鏡下前立腺全摘術 (1/7~8)
1/7 朝、浣腸して胃の中を綺麗にする。手術は昼過ぎになるのでただひたすら時間の過ぎるのを待つ。13時15分呼び出され手術室に向かう。女房の他に長女も立ち合いに来てくれた。
ベテランの麻酔科医師に案内され手術室に入ると、若い男性助手(?)と女子高生かと思うほどの涼やかな目をした可愛い助手(?)がいて、医師の指示で背中に痛み止めの点滴針を打つので横になって下さいというので、横になったら目の前にその可愛い娘の顔が・・・おっ、ラッキー。その後麻酔のマスクをされ、2呼吸ほどで意識喪失。
気がついたところはICU室のベッド上、時計を見たら17時半。手術は4~5時間と聞いていたが、意外と早かったじゃん。翌日女房が『太ってなかったから手術しやすかったとお医者さんが言っていたよ・・・』と聞かされた。
更に身体の状態を確認すると点滴を右腕、背中に痛み止めの点滴、左脇腹下部に直径1センチほどの管、チ○ポの先から尿道に管。何だかがんじがらめにされて身動きできない。傍らで若い女性看護師がつきっきりで世話をしてくれてるようで、『横向きになっても大丈夫ですよ・・・』などと言ってくれるが、動かねぇじゃん。明日の朝までICU室で過ごすようだ。
しかし時間の経つのが遅い。ウトウトして2時間くらい眠ったと思っても実際は20分くらいしか経っていない。ふと、あぁ、ついに俺の子供は出来なくなったんだなぁと思ったら、頭の中で
♪今夜も~佇む街~角に、夜風が浸みるよ
       ♪センチメンタル・ゲイ・ブルース
と歌いだしていた。
そんな繰り返しで8日の朝を迎える。9時頃になって、また女性歯科衛生士がやってきて、口内のネバネバ等を綺麗に掃除してくれた。看護師から『起ち上って歩いてみますか?・・・』と言われたが、全然身体に力が入らねぇ・・・。それにしてもずっと尿意というか残尿感があって気持ちが悪いもののお小水は管の先の容器に何の意識もなく流れている。10時頃になって病室の看護師が車椅子で迎えに来た。仕方なく恐る恐る起ち上り、自立してみると出来るじゃん。助けてもらいながらも3歩ほど歩いて車椅子に移り病室へ移動。病室のベッドへは自立歩行で移る。看護師からは『無理はしなくていいけど、なるべく歩くようにして下さい・・・』と。で、昼過ぎに女房がやってきたので、暖かい渡り廊下の休憩スペースまで歩いてみたら、割と歩けるもんだ。それにしても両手両足を鎖が繋がれているようで煩わしくて仕方ない。
女房が帰った後、ベッドで横になっていると担当の30歳前後のきれいな看護師がやってきて、『シマダさん、お下を洗いましょうね・・・』と。言われるままにお尻の下に給水シートを敷かれ、下半身むき出しにされ一物を掴み暖かいお湯で洗い始めた。『うわーッ、恥ずかしい、気持ちいい~、恥ずかしい、気持ちいい~・・・』。おっと、俺、もう男を捨てたんだっけ・・・。これがその管が外れるまで1週間毎日続く。勿論男性看護師の時もあるのだが・・・。

~退院 (1/9~18)
1/10 取り敢えず右手の点滴が外れる。一つ外れただけでかなり開放感がある。午後女房が帰ったら入れ替わりにリベールさんとらんくるさんが見舞いに来てくれた。リベールさんは左右の目の見え方が具合が悪くて自転車どころか車に乗るのも出来ないと言うし、らんくるさんは全身骨折の影響で自転車には乗れるんだけど、怖くて気力が乗らないという。まぁ、お互い乗れない者同士でちょっと慰め合う展開。

1/11 背中の痛み止めの点滴が外れる。また一つ鎖が外れたぞ。

1/12 左脇腹の管が外れる。残るは尿道に挿してる管だけだ。術後1週間経過しないと外せないということで、月曜日は祭日なので火曜日に外しましょうとのこと。もっとも外す前に造影剤を注入、尿道の接合部分に漏れが無いかを確認して、漏れていたら更に延長になる。

1/15 朝の回診で『今日外しますが、他の手術が全部済んでからになりますから、なんだかんだ17時くらいになりますね』とのこと。結局17時過ぎに紙オムツを持ってレントゲン室へ。若い医師がやってきて排尿用の管口を外し、注入用の管口から造影剤を注入。150CCほどを3回に分けて注入するのだが、この3回目が痛いこと痛いこと。すぐに傍のモニターで説明してくれる。幸いにも漏れがないことを確認、造影剤を吸引しながら管を抜くことが出来た。紙オムツに穿き替え、病室に戻ったが尿意・残尿感がいつまでもあり、気持ち悪い。夕食を摂ってベッドにしばらく横になっていたが、ちょっと漏れを感じたので立ち上がってみると紙オムツがたぷんたぷんしている。取り替えようとそろりそろりと歩いてトイレへ。個室で穿いていた紙オムツを脱いだら、漏れてる感じがないのにポタポタ漏れている。以前から何故トイレがこんなに汚れているんだろうと思っていたが納得。紙オムツを計ったら300g(約300cc)。

1/16 朝の回診では『もう、いつでも退院出来ます・・・』って言われたけど、この尿漏れが不安だからと退院は1/18にすることにした。
その後徐々に尿漏れは少なくなってきているものの、座っている時から立上った時、その逆の時、更に歩いている時に自分の思いには関係なくお漏らししてしまう。
219011701

1/18 相変わらず『アッ・・・』 と思うことが頻繁にあるが、量そのものはかなり少なくなってきた。
10時に女房がやってきたので荷物を纏めて病室を出ようとしたら、廊下でパソコンを操作していたスタイル抜群美人のお世話になった看護師さんが気が付いて『シマダさん、ご退院おめでとうございます・・・』と言ってパソコン操作を中断してエレベーターの前まで見送ってくれた。
予め請求書は受け取っておいたので自動精算機で清算して無事退院。やっぱり家はいいなぁ・・・。

しかし看護師さんというのは大変な仕事だけど、親切で優しいし、何より女性看護師が若くて明るくて、元気にさせてくれるのが嬉しい。感謝です。

感謝と言えば、寒い日が続いたのに1日も欠かさずやってきてくれた女房にも感謝だ。もっともうちの奥さん、私が入院などすると普段よりも凄く元気になるのは何故・・・。

お願い、ポチッとして頂けると嬉しいです
Banner_04_6人気blogランキング

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年12月 9日 (日)

ガンでもフルマラソン

昨夜NHK-BSプレミアムの『医師の闘病から読み解く がんを生きる新常識2』を見ていたら、最新治療の進歩状況などが紹介されていて結構為になった。更に転移に転移を繰り返して大手術をしたにも拘わらず、それを乗り越え現在はフルマラソンを走れるまでになったという医師や、その他にもがんを乗り越え元気に生活している医師も何人も出演していた。この放送を観たら私のなんかは『へッ』とも思わなくてよさそうだ。まっ、もともと『へッ』とも思っていないけどね。

お願い、ポチッとして頂けると嬉しいです
Banner_04_6人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

眩暈

ウォーキングもジョギングもかなり調子よかった。
途中ジョギング中のDr.萩原にまたも遭遇。
軽くご挨拶して続行。
で、帰宅して玄関に入り、靴ひもをほどこうとして
前かがみになったら、フラッとつんのめってしまった。
転倒まではしなかったものの・・・ヤバイ、眩暈がする。
それからは家の中でもジッとしていれば問題ないが、
歩くとちょっと頭がふらつく感じで気持ち悪い。
10数年前のハント症候群での退院後の感じだ。
今日は安静にして様子をみることにしよう。
続くようなら明日病院かなぁ・・・。

11/13の記録
ウォーキング 12753歩 90分
ジョギング        1180m  8分
ストレッチング   20分

お願い、ポチッとしてくれると嬉しいです!

Banner_04_6人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

検査結果

昨日前立腺癌生検の結果を聞きに行った。
セーフかアウトかと言えばアウトであった。
担当医師の言うことには、
『今回12本(前回8本)の針で細胞を採取し、
検査した結果、そのうちの1本から0.3ミリほどの
微細な癌が見つかりました。
ただ、微細なので今すぐ治療に入るよりもしばらく
治療しないという選択肢もあります・・・・。
取り敢えずCTスキャンとMRI検査して、
その結果も踏まえて考えましょう・・・・』
えっ????・・・・どういうこと?
と、その時に質問すれば良かったのだけど
その時は質問するということに思い至らなかった。
後で推測するに手術したり放射線治療と言っても
微細過ぎて特定しにくいというニュアンスだった。
要するにこの癌が小さいままか、大きくなるのか
定期的にPSA値を監視して、その状況で
判断する方がいいだろうということのようだ。
CTとMRIは別の角度からも検査ということも
あるのだろうが、主には膀胱炎や前立腺肥大の
状況を確認しておく為のようだ。
と言うわけで、2/20にCTスキャン、
2/26にMRI検査、3/1にその結果判明の予定。
こう書くとすっかり病人のように思われるが、
五十肩で自転車に長く乗るのはきついが、
それ以外ではとても調子はいいし、落ち込んでもいない。
当面はウォーキングと肩の可動域が狭くならないよう
入念なストレッチで体調・体力の維持を図ろう。
医師からも日常生活で制限することは無いとのこと。
Img_0346

お願い、ポチッとしてくれると嬉しいです!。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

次の検査のための検査

全く自覚症状はないが、PSA検査が異常値だったので、
前立腺針生検をやることになっているのだが、その検査が
出来るのか、出来ないのかの検査を今日してきた。
尿検、採血、レントゲン、心電図・・・全て異常値なし。
私の歳でこれって珍しいんじゃない?。
で、今後の日程は1/23に麻酔科の説明及び問診。
1/29入院、1/30手術?、1/31退院、
2/8に結果が分かるという段取りだ。
もうね、結果が悪ければその準備をすればいいし、
良ければ単純に喜ぶくらいかな・・・。
実はそれよりも昨日から右肩が五十肩っぽくて
肘を上げる動作とか、服の着脱時にちょっと痛む。
整形外科に行っても貼薬が出るだけだから
今ある貼薬を貼って様子をみるか?。
むしろこっちの方が自覚症状があることだし心配。

お願い、ポチッとしてくれると嬉しいです!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月15日 (木)

PSA検査値

前立腺癌を発見するためにPSA検査というのがある。
数値が4.0未満は問題なし。
4.0以上~10.0未満はグレーゾーン。
10.0以上はレッドゾーンだ。
私は昨年7月初めのPSA検査では10.5となり、
8月に2泊3日の入院で前立腺針生検を受けた。
結果は前立腺癌は見つからず一安心。
その後12/16のPSA検査では11.5。
下がるどころか上がってる・・・おかしいなぁ。
今年の6/15は14.6と更に上がっている。
『次回の結果を見てみましょう』ということになった。
自転車に乗る機会の多い人はあそこを圧迫
するので数値が高く出やすいということも
聞いていたので、この頃から自転車をセーブ。
10月に入ってからは一切乗らなかった。
満を持しての12/6の検査結果が昨日わかった。
結果は16.5・・・ええーッ、悪い数値が右肩上がりだ。
結局『もう一度前立腺針生検をしましょう』と。
そして来年1/11に前段の検査をして、
2泊3日の前立腺針生検の日取りを決める。
まぁ、高い数値の人を前立腺針生検をすると
50%以上の人に前立腺癌が見つかるという
ことだけど、逆に考えれば見つからない人も
50%そこそこいるということだよなぁ・・・。
それに前立腺癌が見つかったとしても、
それは早期治療に繋がるし、前立腺癌が
直接的な死因になる人はほとんどいないようだ。
まぁ、どうしても心配だと言うのであれば
香典だけは受け付けてもいいけどね。20161201_145812

お願い、ポチッとしてくれると嬉しいです!。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月15日 (木)

体調良好・・・なのに

昨年7月に前立腺がんに特異的に上昇するPSA値が
通常4以下であるのに対し10.5と高値であったことで
8月に3日間入院のうえ、前立腺より直接組織を採取する
前立腺針生検を実施した。
結果は2週間後に判明し、全く問題ないとのことで
一安心したものの、前立腺肥大や頻尿のことも
あるので定期的に検査しましょうとのことで、
昨年12月に検査したPSA値は11.5とやや上昇。
そして今年の6月に検査した結果は昨日判明した。
結果はPSA値14.6と予想外に上昇しているとのこと。
昨年の前立腺針生検以降体調的には全く問題ないし、
夜中に何度も起きる頻尿もあっても1回程度と
ほぼ解消されている。
しかしながらPSA値14.6というのは看過出来ない
数値だということで12月の採血の結果をみて
再度前立腺針生検するかどうか決めましょうとのこと。
まぁ、定期的に検査をするのはいいのかも・・・。
209081101

お願い、ポチッとしてくれると嬉しいです!。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年12月 9日 (水)

もしかして病人かも・・・。

3週間前にお腹周りが何となく不調ということで
消化器内科を受診したが、その後の経過ということで
再診に行ってきた。
感じとしては良くなっているのだが、相変わらず
膨満感があってイマイチスッキリしないということを
伝えたら前回の薬に加え、漢方薬を処方された。
前立腺の薬もまだ服用中だし、もしかして病人かも・・・。
そうそう前回受診した時、先生は大きなマスクをして
いたので気が付かなかったが、今日はマスクをして
いなかったのであらためて顔を確認したら
頭の良さそうなスッキリした美人だった。
次回は年末年始の休み等もあるので1/14。
早くスッキリした気分になりたいが、美人の先生に
会えると思うと楽しみのようなそうでないような・・・。

帰り路にある小さな公園のモミジがバカきれいだった。
215120901_2

お願い、ポチッとしてくれると嬉しいです!。
Banner_04_6人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧