« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月31日 (火)

今年の1年

今年は1/7に前立腺癌の手術、1/18に退院したもののその後尿漏れが続き、尿漏れがやや改善してきたかなぁと感じたのが6月頃であった。術後の2回目の検査で手術後にしてはPSA値がやや高めということで、7月末から9月にかけて33日間の放射線治療になった。暑い時期に川向こうの東名厚木病院まで自転車で通院はちょっときつかったなぁ・・・。でも気晴らしにはなったかなぁ・・・。その後も自分では意識のない僅かな尿漏れは続いていて気分の晴れた日はあまりなかったなぁ・・・。尿漏れがほぼ治まったかなぁと感じられるようになったのはつい2週間ほど前だ。何かね悪い気が年内に去ってくれたようで来年が明るく見えてきた。というわけで、今年は愚痴を多く書いたような気がするが、来年は明るい記事を多く書きたいものだ。

皆さま良いお年をお迎え下さい。
来年も宜しくお願いします。

219123101

お願い、ポチッとして頂けると嬉しい。
 

| | コメント (0)

2019年12月28日 (土)

ハシゴ墓参

いよいよ年も押し詰まってきたのでちょっと風は冷たいが完全防寒して墓参りをすることにした。実父母と昨年亡くなった実兄の墓は川崎の緑が丘霊園にある。久地側の車の出口から入り(歩行者は入れる)一番手前にある実兄のお墓にお参りし、更に150mほど歩いた右手にある実父母のお墓にお参りした。辺りを見回してみると立派な墓石が建っているのに草や木が繁茂して、永く放置されていると見受けられる墓所もチラホラと見受けられる。お墓の施主は建てた時は自分が来られなくなってもきっと誰かが後を引き継いでくれると思って建てたんだろうなぁ・・・。お墓を買う時って自分や、自分達夫婦がなくなった後に誰か面倒を見てくれる人がいるかどうか見極めて買わないとなぁ・・・。まっ、私は娘達がお参りに来なくても寂くないように合同墓で良いと決めているけどね。
帰りに町田で下車し、タクシーで15分、料金2200円ほどの山崎団地近くの孝養寺墓所へ義父母のお墓参り。亡くなった子供の供養をしたくて義母が生前に購入したものらしい。これも義母は自分がお参りするのに苦にならないから決めたんだろう。いや、決して苦にはならないけどちょっと不便でねぇ・・・。
1日にいくつものお墓参りはダメだと言う人もいるようだけどメモリアルアート大野屋によれば問題はないとのことだ。ダメと言う人はハシゴ酒なんか絶対認めないんだろうなぁ・・・・。

お願い、ポチッとして頂けると嬉しい。
 


| | コメント (0)

2019年12月27日 (金)

ようやく年賀状

そろそろ年賀状の準備をしなくてはと思ってから早2週間、これではいかんと少々焦って年賀状購入に走ってから早1週間。取りあえず準備完了でホッとしてそのまま放置。昨日ようやくその気になって作成に取り掛かる。まぁ、やり始めれば絵柄作成、文章作成、そして打ち終わるのに5時間もあれば済むのになぁ・・・。そして今朝ウォーキングに出たついでにポストに投函。なお、今回は賀状のご挨拶は本年限りに致しますとの文章も入れて、今後はLINEまたはメールにてご挨拶させて下さいとも入れておいた。もっとも私の年代だと賀状の交換をしている方達ってLINEやメールをしているのは何人もいないけどね。

お願い、ポチッとして頂けると嬉しい。
 


| | コメント (0)

2019年12月23日 (月)

近所のOさん追悼

土曜日の夜、以前私のブログに度々登場していた近所のOさんの記事がアップされていた。普段アップすることはないのに珍しいことがあるもんだと読んだら、本人ではなく娘さんがアップしたものですぐに嫌な予感がしたが、案の定夜中の2時に急逝されたとの訃報の告知であった。えっ、まだ64歳なのにどうして?ってびっくりしてしまった。何よりも1週間前に運動公園にペットの散歩に来ていて話をしたばっかりなのに・・・。日曜日の朝にSMSで葬儀の予定など問い合わせたらすぐに娘さんから返信があり、葬儀は身内だけの家族葬で執り行うとの返事。しかし『父は生前島田さんのことはよく話していました。自宅に戻ってきていますが、午前中は葬儀の打ち合わせでバタバタするので午後で良ければ是非顔を見てやって下さい』とのこと。私の家から歩いて10分程度なので午後になってから伺った。広い庭と大きな2階屋の家で、玄関から入ってすぐ左の10畳ほどの部屋に安置されていた。顔を覗いてみると穏やかな顔で今にも目を開けて起きてきそうな気がした。『どうしたんだよ・・・』と声をかけたが目を開けることはなかった。その後奥様と娘さんに私とOさんとの出会いやエピソード、また気まぐれ喫茶でのママさんや他の自転車乗りとのことなど記憶を辿ってお話させて頂いた。
そして自転車の処分について、『すぐ近くの市の不燃物集積所に持ち込めば済むことだけど、それでは夫も喜んではくれないだろうし、どなたか乗って下さればありがたいし、それが一番喜んでくれると思っているんですけど・・・』と、処分を任かされてしまった。
メーカーはちょっと読み取れなかったが最近一番多く乗っていてサイコンやライトなどアクセサリーも着いているカーボンロード1台、TREKのカーボンロード2台とカーボンフレーム1台、1.25タイヤ装着のGIANTのMTB1台。その他にもホイールやローラー台などもある。私が引き取ればいいんだけどOさんは身長175cmなので私にはサイズが大きすぎる。それに私自身乗ることが少なくなってるし置き場所もないしね。どなたか身長175cm前後で欲しいという方がいればいいんだけど・・・。誰も現れなければ私の方でロードバイク買取サービスを手配するけどね。
2012.05.08ママさんとファンですさんと真ん中がOさん。
212050805
マーヤさんの丹沢JAZZ LIVEのCD(非売品)ジャケットも作ってくれた。
213092708

Oさんのご冥福を祈ります。

お願い、ポチッとして頂けると嬉しい。
 


| | コメント (2)

2019年12月21日 (土)

DAHON mu 嫁入り

2週間前に自転車の終活ということで記事にしたが、嬉しいことに知り合いのmatsuさんから是非欲しいとの連絡があり、今日引き取りに来ていただいた。ただ予備のホイールセットは確認したらスポークが1本折れており、軽量なんだけど特殊なホイールなので素人には修理が難しいかもしれない。取り敢えず写真を撮ってmatsuさんの知り合いの自転車やさんに見てもらって修理出来そうならあらためて取りに来てもらうことにした。海老名駅まで慣らし運転してそこから輪行で帰るとのこと。いやー、いい嫁入り先が見つかって良かったよ。大事に乗って頂けると嬉しいけど使いものにならなければいつでも処分して頂いて結構ですよ。
219120701_20191221160801
219120704_20191221160801
219120702_20191221160801
219120703_20191221160801
219120705_20191221160801

お願い、ポチッとして頂けると嬉しい。
 


| | コメント (0)

2019年12月 8日 (日)

荻野川〜日向薬師

朝ウォーキングに出たけど、雲一つなく風も全くない。身体もやや肩の痛みがあるが、ほぼ絶好調。こんな日はめったにないのでウォーキングを済ませて自転車を乗りだす。
さて何処へ行こうかねぇと迷ったが、しばらく行っていない日向薬師方面に決めた。先ずは荻野川沿いに北上。
219120801

広町公園。鏡のような水面に紅葉が映し出される。この池の水はあの橋の向こうから湧き出している。すぐ脇の荻野川に注いでいるから荻野川の水源の1つと言える。
219120802

上荻野で荻野川から離れ飯山温泉方面に向かう。
219120813

県道60号線手前の橋の上。それにしても今日はいい天気だ。
219120803

尾崎の交差点手前の茶畑の向こうの山も紅葉真っ盛り。
219120804

尾崎の交差点を左折して七沢方面に向かう。七沢のコンビニでパンとおにぎりを補給して薬師林道へ。
薬師林道入り口の風情ある門。丁度いい時期かも。
219120805

219120806

薬師林道をやっとの思いで登り切る。昔は軽く登ったのに今は息も絶え絶え、日向薬師の裏手の駐車場に到着。体力が落ちたなぁと実感。もっともこの1年半は加齢に加えて手術や肩の痛みで満足に乗ってないから当然と言えば当然のことだ。
219120807 

駐車場から本堂への入り口付近。
219120808

3年前に完成した7年がかりの修復なった日向薬師宝城坊本堂。茅葺の大屋根がどっしりとした落ち着きを感じさせる。
今週末まで隣の宝物館で特別展覧会を実施中だ。年に何回かの御開帳があるのだが、大概の日は混雑しているので今まで入ったことはないが、今日は割と空いていたので拝観料300円を払って入館。右手に薬師如来坐像、左手に阿弥陀如来坐像が鎮座していた。その他に四天王立像や十二神将立像などが展示されている。実に立派でその前に居るだけで何やらご利益を受けたような気がした。
219120809

一旦下って突き当りを右折登り返して石雲寺へ。以前はこの先の16%の坂を登ってクアハウス山小屋でランチにしていたのだが、もうお腹いっぱいなので折り返す。
219120810

下る途中には浄發願寺の立派な三重の塔が見える。
219120811

伊勢原市役所付近から昔よく通った田舎道。5年振りだろうか何か懐かしい。。
219120812

海老名に戻って東名下で補給しておいたパンとおにぎりでランチ。
僅か45kmしか走っていないのに随分遠くを走って来たような感じがする。

お願い、ポチッとして頂けると嬉しい。
 


| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

自転車の終活

私は現在ロード2台、MTB1台、折り畳み小径車1台を保有している。そのうち主に乗っているのはロード2台で、MTBはちょっと病院までくらいにしか乗っていない。折り畳み小径車に至ってはほとんど乗っていない。歳のことを考えるとそろそろ整理したほうがいいのかなと考えている。所謂断捨離というやつだ。
そこで先ずほとんど乗っていない折り畳み小径車DAHON-Muを処分しようと思っている。とは言え粗大ごみに出すのはちょっと勿体ない。経済的には困っいるわけじゃない・・・いや、困っているので売れるものなら売りたいと思っている。で、リサイクル・ショップに持ち込もうか、メルカリにでも出品しようか迷っているのである。まぁ、果たして値がつくのかも心配なのではあるが・・・。

購入時より変更している物はハンドル、ハンドルステム、バーエンド、前後ホイール、ペダル。
オプションとして取り付けてあるのはポンプ、ボトルゲージ、サイクルコンピュータ、トピークのバッグ取り付け用フィクサー。
219120701
折りたたむとこんな感じ・・・横から。
219120702
後ろから。
219120703
トピークのワンタチッチで取り付けられるバックパックも付けよう。輪行時サッと外して背負うことが出来る。
219120704
輪行バッグと交換用タイヤとチューブ2本も付けよう。
219120705 
その他写真にはないが、軽量ホイールセットとロードにも取り付けられるサドルバッグを付けてもいい。

お願い、ポチッとして頂けると嬉しい。
 


| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

相模川グリーンラインCR

海老名中野公園前から第2東名下を通り、戸沢橋手前までの相模川グリーンラインCRの延伸工事は結構進んで間もなく舗装工事されるだろう。距離にすると300mくらいだけど完成が待ち遠しい。
219120401

一方海老名運動公園北側から圏央道の海老名ICの脇を通ってあゆみ橋まではまだ先のようだけど、ダンプにより道はよく踏み固められていてロードでも走れないことはない。舗装することが決まれば早いと思うんだけど何時になるのだろう。
219120402

お願い、ポチッとして頂けると嬉しい。
 


| | コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

相模川沿いに津久井湖

事故による骨折でリハビリ中のファンですさんからポタのお誘いあったので暫くぶりに自転車に乗る気になった。とは言え、少ない距離をゆっくり、更になるべく坂のないところとの注文を付けておいた。
219120101

片側の目が不調のリベールさんもほぼ1年振りくらいに自転車に乗るとのことで私としてはあまり乗れてない同志でちょっと心強い。
219120102

集合場所は昭和橋。ファンですさんは新車でやってきた。まだ週3日働いているということは余裕なんだな・・・。
219120103

そうこうしているうちにMちゃりさんも到着。2人とは今年初めて会うので取り敢えず新年のご挨拶を・・・。今日はこの4人でのポタだ。
219120104

緩いところと言うことで相模川の左岸を津久井方面へスタート。スタートしてすぐに谷川さんが追い付いてきた。あとでMessengerを見たら谷川さんも参加の表明をしていた。失礼しました。河岸段丘から降りないようにして住宅や畑の中の細道を選んで走る。
219120105

そして新小倉橋の上で取り敢えず写真など・・・。朝のうちはかなり寒かったが、陽も出てきたしゆっくりでも走っていればちょっと暖かくなる。
219120106

小倉橋と圏央道を望む。来年のオリンピックでここはロードレースのルートになってるのかな?。
219120107

ちょっとお昼には早いが近くのパン・パティに行く。わかってはいたけど予想以上に長い行列。テレビでも再三有名店として取り上げられているからな。勿論パンも美味しいんだけど、それよりも長い行列の出来る店として取り上げられている感が強いように思うけどね。
219120108

日陰でじっとしているとやや寒いので、日向ぼっこしながら立ち食い。谷川さんは家族サービスのためここで離脱。
219120109

そして食後は津久井湖に移動。まだまだ紅葉がきれいだ。10
219120110

津久井湖を左回りに走ってピークの展望所。もっとも目の前の木が高く生い茂って端の方に行かないと湖の展望出来ない。でも紅葉はきれいだから許してあげる。
219120111

帰りは三井大橋を渡って再び小倉橋方面へ。小倉橋を渡って相模川右岸を下る。高田橋でファンですさんとお別れ。気が付けばほとんど休憩なしにあゆみ橋まで戻ってきた。従って帰りの写真は唯一リベールさんのあゆみ橋での後ろ姿。ポタとは言え津久井湖から休憩なしはほとんど走っていない身には結構辛い。リベールさんは1年以上乗ってないはずだからかなり疲れたと思う。まっ、その分晩酌が美味しいだろう・・・って飲みすぎたら目に悪いよ。
219120112

肩は相変わらず痛みが若干増すのだが、首の凝りまでは酷くならなかったから63km、今日のようなペースなら走れそうだな。

お願い、ポチッとして頂けると嬉しい。
 


| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »