« 189円の遠回り鉄旅 | トップページ | こんないい天気に »

2019年11月 3日 (日)

大回り鉄旅の確認

先日大回り鉄旅をしたが、これは紙切符時代に合法だという記事を何かで読んだ気がしたのでやったみたのだが、よく考えたらあれから既に20数年経っているのでもしかしたら非合法になっているのじゃないかと不安になった。そこで調べたらJRの規定で大都市近郊区間の特例の中で合法とのことだ・・・良かった。関東地方の大都市近郊は伊東・松本・高崎・銚子・館山の内側の範囲とのこと。

但し主な注意点として
①同じ駅を2度通過してはならない
要するに社家~海老名〜橋本~横浜~茅ヶ崎〜海老名のルートだと社家・厚木・海老名を2度通るのでダメなのだ。
②無人駅ではホームに降り立ったらその時点で下車とみなされて清算が必要となる。
とは言っても無人駅だからね。
③浜川崎駅のように鶴見線から南武線支線への乗り換え時にJRの駅間でも中間改札口のある場合。
ICカード利用ならタッチしないで通過すればいい。有人であっても大回り中であることを申告すれば通してくれるとのこと。

その他にもトイレや食事の時間や場所等のため余裕を持った時間設定等の注意点はあるのだが、大きな問題はない。更に言えばいろいろな大回りルートを考えて趣味にしている人も結構いるらしい。JR側もその辺は良く理解しているのであまり問題にはならないらしい。そんなわけで今新しいルートを検討中である。
219103111

お願い、ポチッとして頂けると嬉しい。
 


|

« 189円の遠回り鉄旅 | トップページ | こんないい天気に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 189円の遠回り鉄旅 | トップページ | こんないい天気に »