« 名前ランキング | トップページ | お疲れ・・・カタツムリ »

2018年11月15日 (木)

治療方法の決断

先週尿検と血液検査の結果確認のため泌尿器科を受診した。他の項目は問題ないもののPSA値は今回も右肩上がり。PSA値のグレーゾーンは4ng/ml~10ng/mlなのだが、それを遙かにオーバーして今回は31.4ng/mlであった。主治医からは『高い値であっても横ばいならば癌細胞が増殖していないと判断し、なお経過観察も考えられるが、このように右肩上がりでは治療に入ったほうがいい』と言われた。

治療の方法としては入院・手術か通院・放射線照射の2通りがある。

手術の場合は2週間入院することになるが、がん保険の給付を15000円/1日受けられ、費用的には問題ない。ただ退院後の体力低下は避けられない。今を100とすれば60くらいまで低下するだろう。元に戻すように努めても年齢を考えるとせいぜい70くらいまでしか戻らないだろう。これは15年前にハント症候群(顔面神経麻痺)で入院の経験から言える。

放射線照射による治療は10分/1日の照射を月~金まで毎日2ヶ月ほど継続通院しなければならないし、これはかなり面倒に感じる。しかも通院なので保険の給付は受けられない。しかしながら今と同じ普段通りの生活をしていられるので体力の急激な低下は避けられる。

さてどうしたものかと考えあぐねているのだが、現役時代には毎日通勤していたことだし、完治後の体力のことを考えると後者に傾いている。いずれにしても12月5日の受診日には決断しなくてはならない。

218111501

お願い、ポチッとして頂けると嬉しいです
Banner_04_6人気blogランキング

|

« 名前ランキング | トップページ | お疲れ・・・カタツムリ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79611/74601652

この記事へのトラックバック一覧です: 治療方法の決断:

« 名前ランキング | トップページ | お疲れ・・・カタツムリ »