« 牧馬峠~津久井湖北岸 | トップページ | 今ごろ?・・・。 »

2015年12月27日 (日)

二の足林道

昨夜azukiさんからリベールさんに厚木七沢方面の
林道を走りたいと連絡があったということで出撃。
先日azukiさんから電話のあったところだなと直感。
ならば当然私はMTBで・・・。
215122701

集合は遅めの10時40分あゆみ橋。
azukiの話だと先日ゲート前まで登った二の足林道と
その前に大釜弁財天の大沢林道に行くらしい。
相当きついけど2人ともロードだよ・・・大丈夫か?。
215122702

でもその前に足慣らしとして七沢自然ふれあいセンターの
奥にある七久保林道を一登り。
ゲートを突破するといきなり13%くらいの勾配。
150mほど登ると右に奥半谷林道入り口があるが、
この林道は道が狭く尖った落石も多く危険なのでスルー。
七久保林道ピークまでは落ち葉で覆われている。
下りに入ると落ち葉はほとんどないが急勾配。
ゲートはハイカーの為に開閉出来るようになっている。
215122703

七久保林道を抜けたら広沢寺方面へ登る。
広沢寺を過ぎるとすぐに大釜弁財天のある大沢林道
への分岐が左にある・・・ゲートは開閉できる。
今回は取り敢えずメーンの目的の二の足林道へ。

ひび割れたコンクリート舗装のガタガタ道を登ると
目の前に真新しい新大平橋とすぐ上に立派な堰堤がある。
道もコンクリート舗装で林道としては広々としている。
昔私が何度か登った道とは違うようだ。
215122704

勾配はきつくなり、14~16%の坂がずっと続く。
215122705

私はMTBだから一番軽いギヤーで何とかゲート前到着。
でも・・・だからロードじゃ無理だって・・・。
215122706

ゲートを突破すると山の神隧道までは200mほど。
勾配はやや緩くなるがそれでも13%くらいか?・・・。
azukiさんは先行して山の神隧道を抜けた。
ひざ裏を痛めているリベールさんがなかなか来ない。
暫くしてようやくやって来た。
215122707

リベールさんを待ったのは、この山の神隧道が暗くて
平衡感覚の悪い私はライトがないと歩くのも難しい。
で、リベールさんのライトを待っていたのだ。
しかし中に入って少し歩き始めたら目が慣れて
前方の出口の明るさで何とかなった。
215122708_2

記憶では隧道を抜けると直ぐに下ると思っていたのだが、
実際はやや登ってから下り始める。
右側は谷太郎川の深い谷になっている。
下って行くと左の山側から細い滝が落ちている。
215122709

谷太郎川まで下った広場が二の足林道の終点だ。
先行したazukiさんは更に登ってから下ってきた。
この橋は一の橋というらしい。
215122710

取り敢えず本日の記念に集合写真。
今日は日曜日の所為かハイカーが結構多い。
大山からの下山と煤ヶ谷から大山三峰に登った人の
下山ルートにもなっているからかな・・・。
215122711

この橋を渡ると川沿いに右に下りる登山道があるが、
これは清川村煤ヶ谷に下るルートだ。
途中まで押し担ぎをすれば谷太郎林道に出る。
しかしジジイ3人が担いでというのはちょっと危険。
ましてや膝が不調のリベールさんは遭難するだろう。
215122712

ここは大人の判断で素直に引き返す。
少し登れば後はずっと下りだし。
コケもきれいだなぁ・・・。
215122714

2人は隧道を乗って抜けたが、私はやっぱり歩き。
それでもいつの間にか右側の壁にぶつかってしまった。

ゲートまで下って来ると登りでは気が付かなかった
湧水があった。
ここまでは車で来れるので水を汲みに来る人がいるようだ。
215122715

急勾配を慎重に下り、大沢林道の分岐まできたが、
大沢林道はリベールさんの膝がよくなってから来るとして
今回はこのまま帰途につく。

県道64号線に出たところのコンビニでコーヒータイム
した後、森の里、飯山経由のあゆみ橋で解散。
15時30分帰着。

お願い、ポチッとしてくれると嬉しいです!。
Banner_04_6人気blogランキング

|

« 牧馬峠~津久井湖北岸 | トップページ | 今ごろ?・・・。 »

「自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79611/63179601

この記事へのトラックバック一覧です: 二の足林道:

« 牧馬峠~津久井湖北岸 | トップページ | 今ごろ?・・・。 »