« 痛い!ヤビツ峠 | トップページ | 名残の紅葉ポタ »

2013年12月 5日 (木)

湘南の宝石

中学生以来の女友達であるS女とは毎年この時期に
会うことにしている。
まぁ、年1回の生存確認をしているようなもんだけど・・・・。
今年はちょっと怪しい気分にでもなろうかと
江ノ島の湘南の宝石というイルミネーションを見に行った。

ポスターなどで大々的にPRしている割には人出は少ない。
しかも江ノ島への橋を渡っている時も光が輝いていないし、
実施されている雰囲気が感じられない。
ちょっと心配になったのでエスカー乗り場の係員に訊いたら
『あっ、やってますよ・・・・』とのこと、ホッ!。
エスカーを乗りついでサムエル・コッキング苑前まで
来ると左手に・・・・おーっ、綺麗じゃんと一巡り。
213120401

サムエル・コッキング苑に入園すると更に・・・。
213120402

青い光のトンネルを潜り・・・。
213120403

エレベーターで展望台に登り上から。
213120404

実際にはもっときれいなのだが・・・・。
213120405

2012年の関東三大イルミネーションに認定されたとのこと。
因みに他の2ヶ所はあしかがフラワーパークと
東京ドイツ村とのことだ。
でも誰が或いはどういう機関が認定したのかは調べてない。
213120406

かなりロマンチックな気分になったところで、江ノ島水族館隣の
イタリアン・レストラン『iL CHIANTI BEACHE』へ。
この辺り自転車で来るたびに1度入ってみたいと思って
いたお店だが、自転車ウェアでしかも1人又は男同士じゃ
いかにも入りにくい感じがして入る勇気がなかった。
でも今日は仮にもカップルだし大きい顔して入る。
213120407


サラミと卵とキノコと何とかのピザ。
213120408

ブロッコリーとキノコと何とかのぺペロンチーノ。
あっ、写真をと思った時には3分の2以上食べていた。
213120409

食べ終わって珈琲でのんびりしていると、突然照明が
少し暗くなってBGMがリズミックなゴスペル風に変わった。
しかも店員が声と手拍子で賑やかに・・・。
生演奏でも始まったかと見まわしたがそんな感じはない。
するとウェイターの1人がバースデーケーキを持って
私達の隣の席にやって来た。
隣の席には若い夫婦と幼稚園くらいの女の子、更に
女の子の祖父母らしき年配のご夫婦(と思う)。
ウェイターが『お誕生日おめでとうございま~す・・・』
と言うと、居合わせたお客さんからも拍手。
どちらかというと環境に順応しやすい性格の私も
『おめでとう・・・』と拍手。
更に女の子がローソクの灯を吹き消すと同時に
窓の外に花火が3本5mほど上がった。
粋な演出にまたまたお客さん全員が拍手。
う~ん、女の子が20歳になる頃には女の子自身は
忘れているだろうけど、若夫婦にはいい思い出だな。
あっ、別れていなければの話だけど・・・・。 

よろしければお一つポチッとして頂けれると嬉しいのだ!。

Banner_04_6人気blogランキング

|

« 痛い!ヤビツ峠 | トップページ | 名残の紅葉ポタ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79611/54154862

この記事へのトラックバック一覧です: 湘南の宝石:

« 痛い!ヤビツ峠 | トップページ | 名残の紅葉ポタ »