« 還暦ツーリング | トップページ | 晴れヤビツ »

2012年6月 6日 (水)

コーヒーメーカーを買った

先日HARUCAFFEに行ったらこんな物が置いてあった。
ボダムフレンチプレス式コーヒーメーカーとのこと。
212060501
私は家ではいつもブルックスのドリップパックなんだが、
どうもイマイチ『違うなぁ・・・』と思っていた。
で、値段も手頃だったので早速購入。
豆を挽くのは面倒なので挽いたものを買ってくればいいのだが、
ブルックスのパックがまだいっぱいあるので、
試しにブルックスので淹れてみた。
ん・・・・ドリップするよりもコクがあって美味いぞー。
『う~ん、違いのわからない男のコーヒー』
・・・・だからあてには出来ないけどね。
ドリップ式と違って後片付けに若干手間がかかるが、
自転車のボトルを洗う程度の手間だから許せるだろう。
当分これで淹れて飲むことにしよう。

因みにボダムジャパンのホームページによると
フレンチプレスとは?
フレンチプレスは1933年にイタリアで考案されたプレス式コーヒー抽出方法
です。第二次世界大戦後、パリのカフェで広く使われるようになったのを発端に
ヨーロッパ中に広まり、名前もフレンチプレスと言う名称が一般的に使われる
ようになりました。以来、フレンチプレスはヨーロッパを中心に世界中で使われ
るようになり、ボダムは今日まで多くのフレンチプレスを作りつづけています。
それはフレンチプレスがいちばん美味しいコーヒーの淹れ方だと考えるからです。
フレンチプレスを使うとなぜおいしいコーヒーができるのでしょう?
フレンチプレスの抽出方法はごくシンプルかつピュア。必要なものはコーヒー豆
と新鮮なお水で沸かしたお湯のみ、そして、ゆっくりと4分間抽出します。
ペーパーフィルター等の油分を吸収してしまう素材を使用していないため、
コーヒー豆の油分、つまり、コーヒーの旨みやアロマを生かし豆が本来もつ味を
抽出します。これは、世界中のコーヒーのプロたちがコーヒー豆のテイスティング
にフレンチプレスを使用する理由なのです。 また、近年ではペーパーフィルター
やコーヒーカプセル等を使用しないというフレンチプレスの特徴から、「美味しい
コーヒーを淹れるもっとも環境に優しい方法」として欧米の雑誌等で評価されて
います。コーヒーの味を最大限に生かし、ゴミを最小限に抑えるフレンチプレス
を使って、極上の一杯をお楽しみください。
使い方は、粗挽きに挽いたコーヒー豆を入れて、お湯を注ぎます。4分間抽出
させたら、蓋のつまみを持ってプランジャーを下に押し下げます。カップに
コーヒーを注いで、完成です。フレンチプレス式なので、コーヒー豆のうまみや
香りが凝縮されているといわれるコーヒーオイルを抽出し、こくと香りの高い
コーヒーをお楽しみいただけます。


6/16(土)還暦ツーリング 尾崎のセブン 9:30

現在参加者
シルキーさん、momongerさん、azukiさん、yokofujiさん、私、
nobozoさん

6/30(土)テレビ東京夜9時『出没!アド街ック天国 秦野編』に
ふくおっとさんと一緒に映る・・・かも?・・・きまぐれ喫茶も。


よろしければお一つポチッとして頂けると嬉しいなぁ

Banner_04_6人気blogランキング

|

« 還暦ツーリング | トップページ | 晴れヤビツ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79611/45549763

この記事へのトラックバック一覧です: コーヒーメーカーを買った:

« 還暦ツーリング | トップページ | 晴れヤビツ »