« 久し振りの大台か? | トップページ | 海から山を眺める »

2012年3月11日 (日)

あれから1年

昨年の今日、14時46分過ぎの激しく永い揺れに
生まれて初めてダイニングテーブルの下に身を隠し
揺れの収まるのを待った。
それから30分後、テレビの画面に映し出される
津波の恐ろしさに言葉も出なかった。
大きな舟が防波堤を越えて陸に流されている。
車も家までものみ込まれている。
映画では『ディープ・インパクト』などで津波シーンがあるが、
それが現実となって画面に映し出されるなんて
思ってもみなかった。
しかしもっと恐ろしく感じたのは翌日以降に報じられた
原発事故の恐ろしさだった。
こんなことを書くとまた『ぬくぬくした安全圏にいて、
人々の恐怖感、危機感を煽るような世迷言を言うな・・・』
なんて言われそうだが、未だに先の見えない現実に
直面している事態にあえてもう1度言っておく。
やはり『原発事故は地震・津波よりも恐ろしい』。
不確かな情報による風評被害の方がもっと恐ろしいと
言ってた人もいるが、1年経っても住み慣れた土地を
追われて未だに戻れない人達の現実をみれば
風評被害なんて微々たるものであろう。
いずれにしても私にとっても生きている限り
2011.03.11 14:46 
忘れてはならない(忘れられない)1日である。
また、この日のことを書くことにより忘れないようにしよう。
本日14時46分には黙とう。

よろしければお一つポチッとして頂けると嬉しいなぁ

Banner_04_6人気blogランキング

|

« 久し振りの大台か? | トップページ | 海から山を眺める »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/79611/44449533

この記事へのトラックバック一覧です: あれから1年:

« 久し振りの大台か? | トップページ | 海から山を眺める »